2009年05月30日

「日本のガラパゴス化問題」は市場の問題ではない(2)

(1)の話と全く同じではないですが、関連した話。
「日本人は、日本語を世界の公用語にする努力をすべきだし、現在事実上世界の公用語になっている英語についても日本語英語を生み出して行くべきだ」と思っています。

まず、ヴィトゲンシュタインによれば(って、最近やっとちょこっと分かっただけだから、引き合いに出すのは恥ずかしいのですが)、思考はメタレベルで言語習慣に規定されます。つまり、自らの言語を公用語化させることが出来た人間集団は他者に自らの思考習慣を押し付けることが出来るわけです(ちと暴論になっているのは認めますが)。また、そこまで考えなくても、ヒイヒイ言いながらやっと議論しようとしている人々に対して、実際に自分が自由自在に操れる言語を使って議論をするのはかなり有利です。また、自らの母国語の出版物などが全世界で読まれているほうが、思考方法についての浸透力は高くなります。
だから、日本語を公用語化するように努力すべきだし、それまでも、英語は日本人が使いやすいように変えていくべきだというのが僕の主張です。実際、今、日本人が学校で習っている「英語」は実は「米語」です。アメリカの方言ですね。


さて。ここ数年で、こんなことを経験したり見たりしました。

1)荻原健司が、テレビで「外国人はずるいですよ。日本人に不利になる、自分達に有利になる、そんなルール改正をするんですよ。」と言っていた。
※ 一スポーツ選手としての分には可哀想だと思う(僕自身、彼を応援しておりました)。が、彼は今国会議員。「僕、こんな風にがんばって、日本人に有利なルールに変えたんですよ!」って胸を張れる人がなるべき職業に彼が就いてしまって、日本の国会はこれで大丈夫なんだろうか?というのが今の僕の気持ちです。

2)「インターネットの共通語を日本語にするにはどうしたら良いか?」とmixiで書いたときに、誰もアイデアを出してくれなかった
※ 「インターネットは米軍のツールとして作られたものだから、英語で当たり前だ」というコメントもいただきましたが、ドイツで造られたはずの車の部品の名称、誰か5つ以上ドイツ語で言えますか?(ドイツ語の勉強をしている方は除きます) 「インターネットは米軍のツールとして作られたもの」という情報まではこのコメントの前でも情報として僕も共有しているわけで(パソコンにそこそこ興味があればおそらくかなりの方が知っている情報だと思います)、問題はそれが何かの行動やらアイデアやらを制限する材料足りえるか否か、ということ。「今、英語でやり取りしている外国人がわざわざ日本語の勉強をするメリットがないから日本語が公用語にならないんだ」というのが日本語が公用語にならない理由だと僕は思っていて、そこに開発のスタートが米軍だったということは影響しないと思っています。
このコメントをいただいた方のお人柄自体は尊敬しておりますので、申し添えておきます。大事なマイミクさんです。また、マイミクさんの仲間内でも人柄が尊敬を受けている方です。ただ、そういう方でも、「日本人としての常識的発想」から見るとそういうふうになるんだなぁ、と。

3)ブッシュ時代のアメリカが戦争をし続けていたことについて、mixiの某コミュで批判していたが、感情的なものだった
※ 細かい内容は忘れましたが、国際法にどのように反しているのか、全く説明ナシでした。「国際法に反していないけれども許せない」ということであれば、「国際法をどのように変えていくべきか?」と議論したら建設的ですよと書き込んだのですが、「だからここで批判しているのです」と。個人的な好みを主張することが国際法を立法・改正することになる、と、いうムードでした。もちろん、実際には国際法はこれでは変わりません。
立法では、「1)規範としての組み立て 2)立法過程を掌握→説得または脅す」の2段階が少なくとも必要です。ただし2)の過程で脅しを使ってしまうことは、「権力リソースを使ってしまう」ことにつながります(この表現は僕独自の表現なのかもしれませんが、簡単に言うと、従属者に無理をかけすぎると、反抗されてしまう、ってことです)。
規範としての組み立ての部分は、少なくとも、更に解釈論からの発展と、哲学レベルでの掘り起こしとがあります。
実はこれらは、国内立法でも必要なスキルです。国内立法でこれらの努力を国民がしてこないで、「官僚の発案→国会での立法」に任せっきりで自分で考えてこなかったため、ネット上での議論がただの気晴らしになってしまっている(無意味である)のだろうな、という気がしました。



え〜っと…、長くなったので、以上の羅列で。
posted by ベドウィン・ピエロ at 22:05| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「日本のガラパゴス化問題」は市場の問題ではない(1)

日本市場でしか通用しない電化製品を指して、「日本市場のガラパゴス化」という話を最近よく目にします。特に、携帯電話。日本市場に特化した製品だけが流通してしまっていて、日本の製品がドンドン世界に通用しなくなっていく、という問題です。
よく考えると、これって変な話。「ラベリング」の恐ろしさを感じます。
最近こそ日本経済が世界経済に占める割合は落ちてきましたが、つい先日まで、日本経済が世界経済に占める規模はアメリカに次いで2位でした。世界経済の6分の1くらいを日本が担っていた時期もあるのです。アメリカに比べると確かに小さかったけど、アメリカ以外の国々よりも断然大きかった。随分大きな「ガラパゴス」です。
もし、「ガラパゴス」ではなく「新大陸」だと名付けられていたら、受ける印象は全然違ったでしょう。新大陸なら、新大陸のまま発展する道もありそうです。

ただし、「ガラパゴス化」の問題は、間違いなく存在していると思います。でも、その理由として「日本では世界に通用しない独自のルールで市場が成立してしまっていて世界に通用しない」とされていると思うのですが、これは間違いだと思うのです。
本当の問題は「日本人は『ルールは自分に有利に作っていって他者に押し付けていくものだ』ということを知らない」ということにあると思います。
ルールを自らに有利に作ったものが生存競争上有利であるのは言うまでもありません。にも関わらず、与えられたルールを忠実に守ろうとする。これは愚の骨頂です。
いや、もちろん、ルールを守る必要はあるのです。そうでないと「ならず者」になって、他者から一斉に攻撃を受けます。あっという間に潰されるでしょう。
だから、既存のルールは守りつつ、かつ、自分に有利にルールを変えていく必要があります。日本人は、そういう能力についての教育が全くされていないんだなぁ、と感じるのです。


この問題と関連したことがあるので、(2)として書かせていただきます。
posted by ベドウィン・ピエロ at 21:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。