2009年01月08日

あけましておめでとうございます。

皆様、あけましておめでとうございます。
って、すっかり松の内も終わってしまいましたが、とにかく今年もよろしくお願いします。

年末から年初にかけて、パソコンの調子が悪かったり体調を崩したり、という生活でした。年賀状も最後の1枚を今日書こうか、という状況です(くどいようですが、既に松の内は終わっておりますが…)。


今年の目標としては、金曜日と土曜日にブログをアップすること(本当はもっと色々あるのですが、ここではとりあえずこの目標を発表)。
もっと色々書こうかと思っていたのですが、「パソコンがいつハングアップするか?」という状況で書いているので、落ち着いて書けません(泣)。
まぁ、話を短くまとめる練習としては丁度いいのかも。
posted by ベドウィン・ピエロ at 23:22| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

あと2週間ほど、ネット不精になります

ブログに書き込みをしていただいたりしておりますが、都合によりあと2週間ほどネットに書き込み等控えさせていただきます。ブログのみでなく、メールいただいたりもしておりますが、この場にて、ごめんなさい!11月9日以降に順々にお返事などさせていただきます。急ぎの場合はそれまででも出来るだけお返事いたしますが。以上、申し訳ありません。
posted by ベドウィン・ピエロ at 22:43| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

株、売り時のサインはあったんですね

「ビジネスマンのための「数字力」要請講座」(小宮一慶/ディスカヴァー携書020)の影響を受けて、「景気指標」のコーナー目当てに、毎週月曜日の日経新聞朝刊をコンビニで買っています。本当は毎日朝夕配達してもらったほうがいいんでしょうが、月額1万円のお小遣いでそれをやってしまうと本が全く買えなくなってしまいますので、必要な月曜日朝刊だけ。
2ヶ月くらい前から買い始めたのですが、今思うと、最近の株価の暴落の指標はそこに充分に載っていました。何が載っていたかというと
・貴金属は価格が下がっていない
・石油は若干下がり始めているが、まだ充分に下がっているわけではない
・鉄に関するものは価格が上がっている
・鉄以外の卑金属は値段が下がっている
今思うと、株を全部売り払うのに充分な情報ですが、一昨日までは「中国の経済構造が卑金属→鉄にシフトしているんだろうか?」などと考えてしまっておりました。
で、ふと気づいたのです。
鉄は、今、最大手2社の鉄鉱石メーカーが合併して独占価格に近い寡占価格になっている。最近、日本の公正取引委員会とヨーロッパでは独占禁止法違反で調査をしている。ちなみに、独占禁止法違反の調査についての情報はどの新聞で知ったのかは忘れましたが、少なくとも合併の情報については朝日新聞には載っていました。別に日経でなくても。そして、そのせいで新日鉄が買う鉄鉱石が前年比90%アップを提示されている件も別の日に載っていました。
この1点を知ってさえいれば、鉄関連の諸価格が上がっているのは別に景気に関連したものではない、と言うことが分かります。だから、景気判断をする場合には除外して考えて良いでしょう(まぁ、経済に影響を与えるだけの取引があるにも関わらず実態よりも高い価格で取引されるせいで景気悪化の材料にはなりますが、それはひとまず置いておいて)。あと、石油も投機対象になっている状況なので、景気判断から置いておきましょう(鉄以上に景気悪化の材料になっているわけですが、値段が下がってきているから僕のような素人には判断が難しいです)。
そうなると、価格が加工品の需要に左右されやすく景気の実態を現しやすい卑金属は価格がかなり下がっている計算になる。
貴金属の価格が下がらないのは、卑金属の価格が下がってきてダブついているお金やら石油の値段が下がってきてダブついているお金やらが行き場を失ってとりあえず向かっているのではないだろうか?
結果、「景気の実態は冷え込んできているなぁ」って読めるわけです。

でも、僕は「中国が経済力が付いて構造変換があったのではないか?」などと辻褄を合わせに考え出してしまいました。全く間違いだったわけですよ。
いや〜、株に手を出していなくて、本当に良かったです。日経をかい出したのはリーマン破綻の前だったけど、そこまで読めなかった。

こうやって考えていくと「チャートだけを見て株取引をする」ってのはありえないですね。世界の状況が変わっていない場合でないと成立しないと思います。


ちなみに、個人で手を出した場合、キッチリと判断出来るなら、株を全部売り切って状況が良くなるのを待つ、ってのが出来るから、必ず利益を生み続けないといけないプロの方よりも有利ですね。投資信託なんかだと、「株を全部売り払って違う投機対象に変える」ってことは出来ないし、場合によっては「○○関連株」なんてところまで縛っていたりしますよね。そう考えると、プロの方って本当に大変だなぁ、って思います。
posted by ベドウィン・ピエロ at 19:40| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

サブプライムローンについて考えていたら…

サブプライムローンについて考えていたら、ふと、大学生の時に受け入れられなかった民法の条文の根拠が見えてきました。
簡単に言えば、大学の先生方がこぞって間違っている、ってことなのですが。

サブプライムローンで問題になるのが、ローンの滞納があったときに債権が第三者に渡ってしまっているということ。そして、「サブプライム問題とは何か」(宝島社新書)によれば、ローン締結の際に、契約書の上に物を置いて重要な部分を隠したり、場合によってはあとで書き加えたりしたとのこと。それでも、詐欺による損害は「善意の第三者」(注:「善意=事情を知らない」であって、他人のためにとかっていう意味ではありません)には対抗できない。法学部出身者の方なら、この本のこの部分を読んでも、せいぜい「アメリカもやっぱりそうなんだなぁ」って終わりだと思います。
ちなみに、これが問題になるのは、詐欺師が支払い能力を持たない場合。「危険負担」と言って、「関係者のうち、だれが貧乏くじを引くべきか?」ってことです。

この「詐欺の被害者は善意の第三者に対抗できない」、一見当たり前のようにも思えますが、実は「脅迫の被害者は善意の第三者に対抗できる」ってのがあります。
なぜ違うのか?
民法の教科書では、「詐欺については、被害者側にも過失がある」と言うのです。おかしいのが、法学部の教室では、みんなこれを疑うことなく受け入れるんですね。
もちろん、これは間違っているわけです。ただ、歴代のお偉い法学者がみんなそう言っているから、なんとなくそれを受け入れる。それが延々繰り返されている。「詐欺については、被害者側にも過失がある」の根拠が無いのです。逆に頭が悪くて高校に行けなかった格闘家が法律を作る世の中が来たとしたら、詐欺と脅迫は間違いなく入れ替わるでしょう。何のことは無い、法学者が自分に都合の良い法律を作っただけ、担ってしまうのです。
だから、今まで僕は「法学者と法学部での官僚とが手を組んで維持している権力闘争剥き出しの条文なのだ」と考えていました。
が。
今回のサブプライム問題で分かったのが、「脅迫の被害は被害者がすぐに気づくが、詐欺の被害は被害者が気づくまでにかなり時間がかかる場合がある」ということ。時間がかかると言うことは、関係者が増えるわけで、「その取引、遡って無かった事にするから!」(まぁ、無効ではないのでこの表現は正確ではないのですが)ってのは民法が重視する取引の安全を著しく損なうのでしょう。
そういう意味でなら、この違いは必要になってくるのかな、と思います。今回のサブプライムローンがローン作成時に遡って無効になる、となると、証券市場は大混乱するでしょう。


さて。
理由が分かると、「もっと良い条文は考えられないか?」となります。「詐欺師から直接買った人物第1代までは対抗できる」とか「1ヶ月以内なら対抗できる」とか。逆に「こういう場合は脅迫のときでも対抗できなくしても良いのではないか?」とか。


こういう風に考えていくと、輸入したものであるはずの西洋近代法体系に乗った法律の条文を改良していくことが出来ます。
逆に、現実には。日本が輸出した法律って少ないんじゃないかな、って思います。
理由は、教室でみんなが「いい子ちゃん」になっているからだと思うのです。
僕が大学に入って2ヶ月で抱いた「不能犯(絶対に成立しない犯罪/硫黄をコーヒーの中に入れて人を殺そうとするなど)は何で不処罰なの?」ってのに答えてくれた人は未だ居ません。「これから再度犯罪を犯すかもしれないってこと?」と聞いてくる人は居ましたけど。唯一「日本では成立しない行為は犯罪の実行行為として見ないからだよ」って言ってくれた友人は居ましたが、それが不能犯なので、「なぜ犯罪の実行行為として見ないのか」を説明しないと説明にならないわけです。
結局、みんな「分かった」と誤解して法学部の川に4年間流されているように見えました(流れに棹差す自分は、さっさと法律に見切りをつけました)。
やっぱり、深く分かっていない人が各種の試験で高得点を取っていける仕組みがおかしいと思うのだけど…。



ちなみに、これ、法律だけの問題ではないと思っています。
以前、ネット上の日記で「アインシュタインの相対性理論、間違っているんじゃないか?」って描いたとき、いわゆる「トンデモ学問」に嵌って行こうとしているんじゃないかって誤解されたのを何となく感じました。
が、そうではなくて「前提になっている光速度一定の法則」の更に前提になっている「マイケルソン・モーリーの実験」の各種条件を理解している人、どのくらい居るんでしょうか?ってのが僕のそもそもの疑問なのです。「教科書に載っている」「偉い先生が正しいって言ってた」ではなくて、「○○に実験の条件が載っている」ってのを知りたかったわけです。簡単に言えば、1)完全な真空状態だったのか? 2)エーテルの流れの中に居るのであれば既に影響を受けていないのか? 3)光速度一定の法則の反証条件は何か? など(まぁ、マイケルソン・モーリーの実験自体は光速度一定の法則を立証しようとしたわけではなく寧ろ期待値が出なかったことでこの法則につながって行ったわけですが)。割と街中の書店を回ってみたつもりですが、論文に書けるレベルで実験の条件が描かれている本を見つけることは出来ませんでした。(ちなみに、ネット上でも見つけられませんでした。)
それこそ、mixiなんかだと詳しい人が教えてくれるのかもしれないけど(物理学のコミュニティにも入っていますので)、ごく一部の人を除くと「偉い先生が否定していなくて、国定の教科書にもそう載っていたから正しいんだと思う」って感じで受け入れているように見えます。
そういう生き方をしたら、楽なんだろうなぁとは思うのですが、僕には性格上できないんですよねぇ。
それで法学部なのに法律の勉強を諦めているようでは社会不適応なんでしょうけど。
posted by ベドウィン・ピエロ at 23:08| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

第2子、誕生しました

このたび、第2子が誕生いたしました。予定日ピッタリに生まれてくれました。予定通り女の子で、上の娘ほど大きくは無いけど、3000gはちゃんと超えて生まれてくれました(3190g)。やっぱりそれなりに大きく生まれてくれると、そのあとの育児がちょっと安心ですので。そんなに甘いものでもないのかもしれないけど。
久々に首が据わっていない赤ちゃんを抱っこして、ヒヤヒヤでした。
おなかがスッキリしているかみさんの姿も久々です(笑)。

かみさんと赤ちゃんは、しばらくは実家に帰ってしまうので、2週間ちょっとは一人で家で暮らすことになります。寂しいけど、楽しみな2週間です。

ってことで、ますます家族ベッタリになるかと思いますが、大目に見てやってくださいませ。


追伸:これから出産される方々へ
赤ちゃん用のペットボトル用のストロー、出産時の妊婦さんには便利です。
posted by ベドウィン・ピエロ at 09:23| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

ベーシックインカム

先日、地方紙にベーシックインカム(BI)の話が出ていました。ワーキングプアなどの望まない労働に追い込まれないために、全国民に労働も何も関係なく一定のお金を給付するというもののようです。
記事に出ていた大学の先生は、生活保護の基準を基に考えて全国民に8万円を給付するという考えを提唱していました。現在の国民総所得(GDP)の42%を充てればそれが可能だ、と。医療保険などはこれとは別に考えるようです。

<以下、記憶を元に書いておりますので、ちょっと曖昧です>
新聞記者の方は「収入の4割も税金に持っていかれて、みんな働きますか?」という趣旨の質問していましたが、BIでの生活よりも良い暮らしをしたい人は居るので、そういう人は働きますよ、と。
最後に、BIの考え方が定着するのに20年はかかるでしょうね、と。
<以上が記事の内容でした>


この記事を読んで反射的に思ったのは、「一人8万円が給付された上に税率が収入の4割という社会は、数年で破綻するな」と。
たとえば、我が家では4人家族で32万円のBIが何もしなくても入ります。ボーナスを抜いて考えれば、我が家の現在の月収よりも多いです。この先労働を行っても、労働の対価の半分くらいもって行かれる。だとしたら、まったく働かないか、せいぜいちょっとだけ働いて終わるでしょう。そもそも、望まない労働を強制されないためのBIなのですから、経済の規模は確実に縮小します。たとえば、経済の規模が半分になったとしましょう。すると、最初はBIのコストがGDPの42%だったのが、半分になったとたんに8割になります。そうなると、「8割も税金に取られるくらいなら、働かない」という人が、税率アップ前よりもドンと増えるでしょう。結果、経済活動だけを見ると現在のGDP
の5%程度になってしまったとします。それでも、BIが42%分あるから、経済規模は現在の約半分は確保できますが、ただ単に紙幣を乱発して形式的にばら撒いているお金になります。典型的な経済破綻国家です。ジンバブエが今そんな感じですよね。円の価値を限りなく0にするもっとも簡単な方法です。
結果、立て直すためにクーデターか何かが起こって、強制労働が始まるでしょう。ないしは、教育によって、労働の対価がほぼ100%収奪されても労働を行う国民を育てる必要があります。
あぁ、なるほど、きっと20年かかるでしょうね(爆)。
こんな馬鹿なことを平気で新聞に載せてもらうレベルの人間が大学の教官になれるわけです。大学院の試験に合格できなかった自分は、これ以下のレベルだったんかいなぁ、って思います(まぁそうなのでしょうけどね)。


そして、その記事を見た日の夜、更に気づきました。
42%のBIの確保のためには、最初から税率は70%くらいは必要になる、と。
現在、国民負担率はアメリカについで低いわけですが、それでも4割弱。そのうちBIが導入されることで削ることができるのは、1)国民年金の負担 2)社会保険のうち国民年金と同額の部分 3)生活保護の一部(医療扶助や教育扶助は削れない) くらいだと思います。となると、削れるのはせいぜい10%ちょっと。現在の税金のうち30%くらいは残るのです。結果、70%以上の税率が最初から予定されます。
この状況で、「BIでの生活よりももっと良い生活をしたい人は働くはず」と言われて、「自分は働きます!」って手を上げて言える方、いらっしゃいますか?
posted by ベドウィン・ピエロ at 22:39| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

旭屋書店が…

新聞報道によれば、札駅の旭屋書店が閉店するとのこと。
法学の専門書に関して、北大生協以上にあった札幌唯一の本屋さんでした。
「蔵書100万冊」と恥ずかしくも無く銘打っている、大きな書籍物流倉庫のお店はあるけど、ちゃんと「有斐閣コーナー」を持っているのは札幌では(僕が知っている限りは)ここだけでした。判例百選を探すにしても、ここに無かったら諦めがつく、って感じで。ま、北大生協と両方見て、どっちも無かったら諦めるってのが正解なんでしょうが、北大生協には駐車場が無いし、土曜の午後と日曜日はやっていないので、社会人には使えないのですわ(近所に住んでいたときには使えたけど)。
少なくとも法学に関しては、札幌からは書店は無くなってしまいました(大学生協を除いて)。「(専門書は無くて、売れそうな本だけが置いてある)大きな書籍コーナー」は沢山あるんだけど。

これから、小樽のキクヤまで行くことになるのかと思うと気が重い…っていうか、多分、石狩市の図書館に下見に行って、アマゾンで買う、ということになるかと思うのだけど…。まずはうちのサイトにアマゾンのアフィリエイトのバナーでも取り付けることにしようかなぁ。
posted by ベドウィン・ピエロ at 22:14| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

リンクを貼り直しました

とりあえず「ベドウィン・ピエロの小部屋」からリンクを貼り直しました。これでサイトの方も動き続けることが出来ます。良かった〜。
posted by ベドウィン・ピエロ at 22:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

日記を変更いたしました。

すっかり止まってしまっていた僕のサイト「ベドウィン・ピエロの小部屋」ですが、mixiのブログとくっつけて日記のコーナーを動かすことにしました。
ここ数年、せいぜいmixiの日記しか動かしてこなかったので、これでずっと止まっていたサイトを動かして行ければいいな、と思っています。


…。
まだ、サイトのほうのリンクの貼り直しをしていないんですけどね。
posted by ベドウィン・ピエロ at 21:39| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。